三代喜TOP > 樺茶TOP >樺茶とは
樺茶ロゴ

樺茶を 
おすすめする 
5つの理由 

樺茶とは

樺茶とは、三代喜株式会社が製造販売する、カバノアナタケ(白樺きのこ 別名:チャーガ)を使ったノンカフェインの健康茶です。

このページでは、樺茶をおすすめする5つの理由(カバノアナタケに含まれる健康や美容に良い成分や効果、安心してお飲みいただけるための品質管理情報など)をご紹介いたします。


理由その1

β-グルカンが含まれている

β-グルカンは免疫力をととのえて、健康を維持するはたらきがあります。

たとえば咳が出て夜眠れないと、疲労で免疫力を低下させてしまう可能性があります。 免疫力が低下すると、ウイルスが侵入し風邪をひく原因にもなります。

カバノアナタケには免疫力をととのえてくれる効果があるβ-グルカンが含まれていますので、免疫力を高めたい方におすすめです。

カバノアナタケ100g中に含まれる各成分
日本食品分析センター第107033353-001号

ナトリウム7.7mg 1.17mg
カルシウム124mg マグネシウム123mg
0.33mg 亜鉛3.34mg
食物繊維71.0g リグニン39.7g
β-グルカン11.8g スーパーオキシド
消去活性
2.9×103単位/g
リジン37mg ヒスチジン24mg
フェニルアラニン58mg ロイシン93mg
イソロイシン57mg メチオニン16mg
バリン78mg スレオニン92mg
トリプトファン10mg月   

理由その2

抗酸化酵素が含まれている

抗酸化酵素には、老化の原因である活性酸素のサビを減少させるはたらきがあります。

年齢とともに、体内には活性酸素のサビが増え酸化し、それが老化の原因になりますが、 そのサビを少なくしてくれる効果があるのが抗酸化酵素(SOD)です。 抗酸化酵素は体内で作られますが年齢とともに減少していきますので、積極的に体外から取り入れる必要があります。

カバノアナタケの成分には、抗酸化酵素(※SOD)が含まれていますので、美容も健康もあきらめたくない方におすすめです。
※SODはスーパーオキシドディスムターゼの略です。

カバノアナタケが育つ、白樺の木立。
カバノアナタケが育つ、白樺の木立。

理由その3

安心して飲める

樺茶は、マザーツリーと呼ばれている白樺の樹などに育まれ10年以上かけて成長する カバノアナタケ(別名チャーガ)という天然キノコ100%のお茶です。

天然のキノコですから、色々なものが付着しています。それを完全目視の手作業で丁寧に 取り除いています。お茶に加工する際は金属の異物混入検査もしています。
他には微生物検査、成分分析試験、残留農薬検査、急性経口毒性試験を実施しています。

樺茶はノンカロリー・ノンカフェイン・無着色で、保存料も使用していませんので安心してお飲みいただけます。

三代喜の樺茶は、手作業で異物を除去し、様々な検査を実施しています。
汚れの除去は丁寧な手作業

理由その4

味にクセがなく長く続けられる

ちまたには健康茶と名のつくものが、たくさん出回っています。 なんだかよさそうと思って買ってはみたものの、独特の味や臭いで結局つづかないことも多いですよね。

実は樺茶、独特の味や臭いがないのが特徴です! どれくらいクセがないのか?クセがなさすぎてなんとも表現できないくらいです。 だからこそ、その特徴を生かして長く飲み続けることが出来るのです。気楽に長く飲み続けたいかたにおすすめです。

樺茶の原料カバノアナタケ
樺茶の原料カバノアナタケ

理由その5

簡単に作れて色々楽しめる

樺茶はお湯を注ぐだけですぐ飲めます。でも、それだけではありません。

コーヒーや紅茶、緑茶、ほうじ茶、ジャスミン茶などなど、日頃飲んでいるお茶に ブレンドして、お好みのお茶を楽しめます。 しかもその味をほとんど損ねることはありません。 更には野菜スープやみそ汁等の汁ものを作るさいにもお使いいただけます。

健康や美容に効果のあるカバノアナタケを、ただお茶として飲むだけではなく、こうして色々な楽しみ方がしたい方にもおすすめです。

店長のブログでは樺茶を使ったレシピなどもご紹介していますので、是非ブログの方もご覧ください。

お湯を注ぐだけで楽しめる樺茶

樺茶の飲み方いろいろ

樺茶はいろいろな飲み方ができます。
ストレートはもちろん、紅茶やコーヒーなど他のお茶と合わせて飲むことも。是非お気に入りの飲み方を見つけてください。

いざ!健康美人へ

健康にも美容にも効果あり!なのに、簡単に飲めてアレンジも楽しめる樺茶。 
咳とサヨナラすれば人に気がねする必要はありません。 ぐっすり眠れて体調もよくなり、自然と笑みがこぼれます。
1杯約15円の樺茶で健康になって、さあ、好きなところへ出かけましょう♪

樺茶の誕生秘話はこちら